未分類

お祭りでの露店の飲食店。
ちぃと衛生的ではないが、雰囲気でついつい購入し歩きながらパクパク。
さあて食べたあとの容器等はどこへ?

こうなるのだ。

世界一きれいな街の日本。残念な光景。
日本全国の観光地には日本人以外の皆様が多数。
日本のマナーを守らない。

売る方?買う方?食べる方?ゴミ収集する方?
どこに問題があるのか。

張り切って年頭の祈願に行った先で目に入ったのがこれでは、成就できそうもない。

車に「タコ足」と呼ばれるマフラーが存在した(今もあるはず)。
排気効率の約束事で、各エキパイ長を同じくする。
そうするとスムーズな回転を得、且つパワーがあがる。
そのエキパイの姿が三次元にグニャグニャと曲がり、タコの足に似てるからである。
よくも命名したものだ。
バイクにも純正マフラーにはほとんど無いこの仕組みは、社外品には応用している物があるが、
バイクではタコ足とは言わないかようだ。
決して8本マフラーだからではない。

足が多い生き物は、気持ち悪がられやすい。
ムカデ、蜘蛛等々。
こちらは手だが、千手観音の多くの手にはあらゆる物を救う意。
いずれにしても良い意味がほとんど。

さてこちらはいかがなものか?

ちょっと不気味。
タコ足の様。
しかし、前述のような事柄から思わず手を合わせてしまった。
御神木ではないと思うが、今年はコレを発見した事で何か良い事があるに違いない。

すぐ売れ切れるようだ。
卵を置いて上から座っても、卵は割れない、の文句。
流行っているかわからないが、安いと思い4つ購入。
事務用椅子の座面が薄くて硬く、何らかクッションが欲しくていた所。
あとは軽トラに。
なかなかオケツに優しい。
チャイナ製は問題だが価格相応と考え、耐久性が無いと理解した上での使用。

昨日手にして丸一日使用。
方言を使うと、やんばいだ、となる。

バイクシート用でゲルクッションが売ってるが、効果ない方もいらっしゃった。
特に硬くて幅の狭いオフ車に長時間座っていると、オケツ痛くなると多くの声あり。
コレで試してみては?

※急ですが、明日臨時休業します。

作業中。
前に屈み込んだら、ソコに鋭利なパネルの角。
額がコツン。
しかしコツンだけでは済まない。
指で額をなぞったら、血だ。
あちゃちゃちゃちゃ。まただ。

顔にシミとシワ。立派なジジィじゃあ。
歳とったなぁ。

出血はすぐ止まった。
若い証拠だ、としておこう。

トイレで用を済ませ、手を洗う時に水道の蛇口を回して水を出す。
上から全部の指で鷲掴みにしてひねる蛇口もよくある。
考えてみると汚れた手で掴むため、菌があれば感染るのではないか?

先日。
昼から飲んだくれていたのでトイレの間隔も早い。
その飲んだくれのお店さんで。
コレはいい!
バイク屋にも似合う!
しかも、手の甲でも開け閉めできる。
よし、次トイレ作る時はこのアイデアいただこう♫

トイレに行くのが楽しくなるようだ。

成人式。
天童市では昨日。
我が家に該当者。以前にもチラだししたが下の娘。
最初で最後のイベント。
3才の時に七五三でお参りご祈祷いただいた神社さんから、
成人式に合わせて、当時の写真とコメント書いて奉納した絵馬が送られてきた。

恥ずかしいから見ないで!

あの頃は可愛いかった。

でLINEニュースだそうだ。
ここのいずれかに登場している。
この前のブログで見た方はご存知だが、見てない方へ!

どーいつだぁ?
当たった方へ当店コーヒープレゼント♫

二日連続の願掛け詣で。
住吉大社。
新年から三度目の初詣。二回目以降「初」とは言わないか。
しかし、今年の願いは数でこなす。
実力を運でカバーする。
ダメ?

SONYさんでも電気自動車を発表。
車メーカーだけがタイヤの乗り物を作り、販売する時代は変わってくるようだ。
電気屋さんが電気自動車を世に送り出しても不思議ではない。
電気メーカーも自動車メーカーも双方にある三菱さんが超有利て考える。
なのでトヨタさんは、スズキやマツダさんとも業務提携。
まさに、電気、自動車メーカーのバトルロイヤルに発展する???

と言うことは・・・
電気バイクの普及も近いはず。
カワサキ、ヤマハさんにこだわらず、
今のうちからシャープさんや、パナソニックさんともパイプを作っておかなくてはならない?

ヨーロッパの何国かは、10年後には新車ガソリンエンジン車販売しないとまで言っている。

いよいよ大きな転換期が訪れる。
ワタクシが引退してからにしてちょーだいな♫

山形県は社長輩出率が高いと聞いている。
一応ワタクシも。
逆に考えると、産業が少なくお勤めする場も比例して少ない理由もあるかも。
お勤めに向かない事が判明し、消去法で自ら小山の大将になる事を決めた。
それから25年経過。

しかし、たかが25年。
先日の地元紙。
100年以上続く我が街の老舗企業。
よく見えませんが、
どんだけ〜!
と叫びたくなるほど新聞一面にずらり。
最古は平安時代から続けられている旅館さん。
以前にも取り上げたが、いろんなデータがあるが、企業生存率は10年で1割以下。

継続こそ力なり。
最近実感出来るようになった。
あと75年後、この新聞欄に掲載される事を夢見て。
そのためにはもう1回生まれ変わる必要がある。
その頃は火星に人類が住んでいるか、
人が空を飛び、歩かなくなり足が退化して短足人類になる事だろう。

短足人類のために超シートの低いバイクを開発するか!
まる儲けだ!うっしっしっぃー!