Archives

All posts by 社長

このメーカーの時計は、バイクの旧車のような価値と同じでようだとの事。
つまり、古いほど、数がくないほど、価格の上昇。
その中でも、人気モデルもあるらしい。

時計は時間を指示するだけの物ではないらしい。
ファッションアイテムだ。
腕に掛けるのはもったいない。

しかし、見るからに何か異様な光を放つ。
自分には手にできないシロモノ。
いろんな年代別での種類がある。
研究するだけでも楽しそうだ。

そんな時間があるならば、バイクの研究しなさい!となるか。
他社のバイクを見て、あれなんて言うバイク?
がしばしば。

NINJA H2 CARBONのオーナー様だけが手にできた、逸品。
チタン製マグカップ。

あれれ???
なんか、チタンマフラーのパイプの一部のような?
これで熱々のコーヒーいただいたら、持つ手と、唇は火傷しないかしらん?

たぶん記念の置物になるでしょうね。

毎年世界各国で開催されるエンデューロレース。
エンデューロレースってなぁーにぃ?と思われる方に簡単に説明すると、
オフロードバイクのマラソン大会。
有名な鈴鹿8時間耐久レースのオフロードバージョン。
限られた時間内で、一番多く走った人が勝ち。
多くは周回数を競う。

その競技に魅せられている方もいっぱい。
草レースから、世界レベルまで多種多様。

冒頭のエンデューロレースの1つが、「ISDE」
各国代表が出場する、国別対抗団体戦。
今年はポルトガルで開催される。
日本代表出場者もトップライダーが名を連ねる。
技術は当然だが、体力、持久力の身体能力がそもそも優れていり欧米人が有利。
スポーツ、なんでもそうだが、世界レベルともなると日本人が不利な世界。

そんな環境で日本人が勝利すると大盛り上がりになる。
バイクレースは日本では地味なスポーツ。
こんな機会に上位に食い込み、モータースポーツ界を盛り上げていただきたい。
おこぼれがバイク屋にある事を期待して♫
現地には行けないが、応援したい。
このステッカーも応援の1つで、¥1,000/枚で当店で売ってまーす♫

以前ご紹介した東京電車でGO!ミッションが本日。
昨日は葬儀、今日は東京。
仕事してないワタクシ。
と言いながら東京へ。
あちこち上を見ながら歩く事はなかった。
下を向きっぱなし。
スマホ「乗換え案内」アプリと「Google map」のにらめっこ。
なのでキョロキョロの田舎者感はないが、リュックを背負った変なオヤジ感バリバリ。
おかげで無事目的地に到着。
何しにいったかと言うと新作発表会。画像にて。
ちょいと理由がございまして。

そして昼食は!
有名店へGO!
なんと50人は並んでいるだろうか?一時間くらいの待ちは覚悟してたが、
単純にお客様の回転数を計算するとその1.5倍。やーめた。
残り時間、ほどほどに都会の汚れた空気を吸って。
・・・ちょーアレルギー鼻炎の症状勃発。へークション!止まらず。

あー嫌だ!

一男六女の母親の兄弟姉妹。
本日三女の叔母の葬儀。94歳。全うされた人生。
こういう時にしか会わなくなってしまった親戚の方々。
兄弟姉妹、年齢順に他界してるね。礼儀正しいような。
浄土宗。南無阿弥陀仏と唱え、阿弥陀様に沿ってあの世の人生を歩む。

お寺から二人のお坊さん。
二人でお経を唱える。
失礼ながら半分寝てありがたく頂戴していた。
しかし、あれ?
お経が演歌デュエットの様に聴こえてきた。
しかも二人でお見事にハモってる。凄い!
こんなお経の聴き方もあることに自分が驚く。
素晴らしいハーモニー。
音階が少ないのが眠気を誘うのか?
ピーリングミュージックとしてとらえるのもありだ。
不謹慎だが、葬儀が楽しみになる様なきがする。つぎはいつ?自分でないだろうねぇ。

この度の台風15号。
首都圏を堂々と突っ走っていった。
連日のニュースで、千葉県の被害が大きく取り上げられている。
被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げる次第だが、
改めて学んだ事がある。

一番必要なライフラインは電気だと言う事。
飲料水を家庭に送るのに、平地なため巨大なポンプが365日、活躍している。
つまりこのポンプも電気が必要。
電気が無いと水にはありつけないのだ。
ガソリンも同様、電気が無いと給油できず。

次に携帯電話。
今はコレがないと何も出来ない。
充電するにも電気。

ならば太陽光発電である。
スマホに充電できる電気は確保できるし、エアコンは使えるかわからないが、
扇風機ぐらいは使えるだろう。

またはその代わり、発電機。
災害に備えて、ガソリンの常備が必要となるが、
スマホ充電などお茶の子さいさい!
結果必要なのは、カワサキオート山形で注文する発電機なのだ。
カワサキオート山形で注文すると言うのがミソ。
備えあれば憂いなし。

スマホでゲームで¥80,000課金したら、奥さんからコテンパンにやられたらしい。
同級生のヤツ。
ただ今、お安くご提供していまーす♫

思考と肉体の反応がバラバラ。
避けようと歩いて入りつもりでも、ケースをひっくり返す。
余計な作業追加。
その作業分は勿論、勤務時間に含まれず。
やってもーた・・・
久々のあちゃちゃちゃ。
一生、付き合わなくてはならない不治の病。

気分転換が少ないからだ!
休んで海見に行こうっと。
都合のいい解釈である。

当店では2020年から排気量400ccを超える車両が入手不可になるカワサキ新車バイク。
という事で最後のあがき。

ZXー14R FINAL!
なんとカワサキフラッグシップモデルのこのお方は最後のモデルとなる。
当店の入手が最後でなく、バイクの存在が最後である。

カワサキ車の歴史上、ファイナルモデルは数年後に新車価格を上回る価値がつく。
いつも皆さまは販売終了したバイクに魅了されるようだ。
まさしく、ふぉーてぃんあーるもその運命をたどるに違いない。
欲しい方は今のうちに!とココで申し上げたいが、
もう注文予約は終了!ざんねーん!

乗った事ある方はお分かりだと思うが、
300km/hを視野に入れたマシンの完成度は他の高性能車種を寄せ付けない、
芯の通った自己主張を曲げない男らしいバイクなのだ。
・・・欲っしぃ・・・
バイクは危ないから乗らない方がいいかな。
考うようっと。
・・・FINAL・・・
このフレーズにもそそられる。

なんのことは無い日常の光景。
バイク屋ショールーム。
毎朝出勤すると、売り物バイクが堂々と鎮座。
あぁーまだ売れずにある、早く売れてなくなんないかな・・・
お金に替わっていただかないと生活苦。
うんざり。

しかしお客さんは「カッコいいバイクに囲まれて仕事できるなんて羨ましい!」ですって。
理想は在庫0。
秋の最高のバイクシーズン到来。
10月後半の紅葉の山々のワインディングを疾走する快感なんか、
考えただけでテンション⬆︎
今年こそは紅葉ツーリング行くぞ!!